SPECIAL

  • あなた
  • 「やっぱり、星野君?」
  • 紅葉
  • 「あ、君は……!」
  • あなた
  • 「じゃあ、ここって……アイドル部ですか?」
  • 会長
  • 「ご名答」
  • 「あれ? 女子はアイドル部に入れないッスよ?」
  • 董哉
  • 「葵。自己紹介もなく話しかけるのは御嬢さんに失礼だろ」
  • 董哉
  • 「オレ様は紫藤董哉だ。ファンになってもいいが、オレ様の眩いオーラに焼かれて火傷するなよ!」
  • 「マジかっけーッス!ギラギラオーラの董哉さん、1枚いただくッス!」
  • 「あ、おれは向日葵」
  • 「董哉さんの過激派ファン第1号だから、董哉さんへの握手やサインはおれを通してからにしろよ!」
  • あなた
  • (過激派……?)
  • 董哉
  • 「お前、1年だよな?」
  • あなた
  • 「は、はい」
  • 「おれと董哉さんと、あとそこにいるぼーっとしてるマッシュルームは2年。まあ、よろしくッス」
  • あなた
  • 「よろしくお願いします」
  • ゆうひ
  • 「暮内ゆうひ、です。入学……おめでとう」
  • 桃真
  • 「ボクは中等部2年生の櫻井桃真だよ♪」
  • あなた
  • (うわあ、すごく可愛い! お人形さんみたい!)
  • 会長
  • 「葉一くんは? 自己紹介しとかなくていいの?」
  • 葉一
  • 「ハア……。聖華学園アイドル部部長、3年の浅田葉一です」
  • 一雪
  • 「今諦めたら、失敗が怖い弱いままのぼくで……この先ずっと自分を変えられない気がするから……」
  • 一雪
  • 「だから、ぼくにチャンスをください!」
  • 一雪
  • 「未来を変えるために、みなさん以上の努力をします! お願いします、お願いします!」
  • 葉一
  • 「…………」
  • 董哉
  • 「なあ、ここまで言ってんだからちょっとくらい……」
  • 葉一
  • 「わかっています。私も、こんなに必死な姿を見たのは初めてですから」
  • 葉一
  • 「いいでしょう、他の方達と同じようにチャンスをあげます」
  • 紅葉
  • 「マネージャー、いつもありがとね!」
  • あなた
  • 「いえ、私にはこんなことくらいしか……」
  • 桃真
  • 「あ、今の禁句だよ」
  • あなた
  • 「え?」
  • 桃真
  • 「『こんなことくらいしか』っていうやつ。ボク達はマネージャーがいてくれて助かってるんだから」
  • 葉一
  • 「そうですね。いつもよく動いてくれていますし」
  • 紅葉
  • 「それに、マネージャーは俺達『stirRhythm』の大事なメンバーなんだしさ」
  • 一雪
  • 「いつもたくさん支えてくれて、ありがとう、マネージャー」
  • あなた
  • 「っ……ありがとうございます!」